『紀州プレミアム生レモンケーキ』のビジネスから見る福祉事業の問題を解決する糸口

悩み

Youtube講演家の鴨頭嘉人さんをご存じでしょうか?
鴨頭さんといえば、熱血の公演活動やビジネスを展開する方です。

2022年8月8日のvoicyで語られていた『ビジネスをする上で大切な3つのポイント』で、福祉事業がプロとがコラボすることによって、上手くいったビジネスを取り上げられていました。

鴨頭さんは福祉事業に限らず、広義として「ビジネスを展開するうえで大事なこと」を語っています。

わたし自身は広義のビジネスというよりも、福祉が必ず直面する「お金」という問題の解決になるのではないかと感じました。

福祉事業の問題を解決したポイントは何なのかを説明します。

『紀州プレミアム生レモンケーキ』とは?

スクリーンショット 2022-08-08 163247

オンラインショップ限定で、月1回の販売に関わらず、たった数時間で完売するほどの人気ケーキです。

画像2

縦16.5㎝×横8.5㎝×高さ5.8㎝の大きさで、お値段は1本4,950円。

レモンのレアチーズの外観に濃厚でコクのあるレモンカスタードが味わえます。癖になるほどの酸味があるケーキです。

販売元情報『KANOWA

『紀州プレミアム生レモンケーキ』のビジネスモデル

引用元「KANOWA」

紀州プレミアム生レモンケーキの製造チームは以下のようになっています。

KANOWAの企画運営お菓子プロデューサー 山添利也氏
ケーキ製造:パティスリーエルヴェ 橋本憲司氏
生産地農家:農業産地法人(株)滝本農園の滝本幸紀さん
レモン加工:社会福祉法人一峰会「あすなろ」

ホームページ『KANOWA』を見てもらうとわかるのですが、その道のプロによるチーム編成となっています。

注目すべきは社会法人の「あすなろ」の方です。

彼らは「一つのことに丁寧に取り組む」という特性を生かして、手作業ででしかできない皮むきや果汁絞り、より分けなどの作業を丁寧にこなしています。

この丁寧な作業なしでは成り立たないビジネスとなっており、販売やプロデュースを専門家に任せることにより自分たちの強みに集中できています。

さらに、このプレミアムなケーキが1個5,000円の価値をつけることで、結果的にあすなろの方たちの収入アップにもつながっているのです。

福祉事業者の賃金は低い

『紀州プレミアム生レモンケーキ』の製造に携わる「あすなろ」は就労継続支援B型の事業所です。

就労継続支援B型とは福祉サービスのひとつで、年齢や体力の理由から、企業等で雇用契約を結んで働くことが困難な方が、軽作業などの就労訓練などを行うことができます。

就業時間は10時から15時半と通常よりも短時間労働です。

主な事業内容は
農作業
部品加工
名前入れ刺繍などの手工業
喫茶店での調理
パンやクッキーなどの製造
衣類のクリーニング
Webサイト作成など

引用元『LITALICO

身近なところで、パンの販売などがなじみがあるのではないでしょうか?

就労継続支援B型の平均月収は「15,776円」。
あすなろがある和歌山県の平均月収は「17,277円」。

引用元『厚生労働省』令和2年度

スイーツプロデューサーの山添さんはご自分のお子さんが自閉症ということで、何とかしたいという思いもあり、福祉事業所とプロのビジネスを考えられたと思います。

『紀州プレミアム生レモンケーキ』の成功の秘訣

福祉事業の「賃金」問題を解決できたのは3つのポイントが挙げられます。
①プロとのコラボで商品開発をしている
②自分たちの強みを生かして商品を作れた
③高単価で販売をしたこと

①プロとのコラボで商品開発をしている

自分たちだけですべてやらずに、できない部分をプロに頼ったということです。

『紀州プレミアム生レモンケーキ』でいうと、
企画販売はスイーツプロデューサーの山添さん
パティシエは橋本さん
原料のレモンは滝本さん

それぞれのプロフェッショナルが集まりチームを組みことによって、
大人気の商品を作り出せる仕組みができました。

②自分たちの強みを生かして商品を作れた

プロとコラボすることにより、自分の強みに集中できる。
無理をして苦手な分野を頑張るよりもずっと効率的で、結果も出やすいといえます。

③高単価で販売をしたこと


レモンケーキの値段を4,950円にすることで、障害をもつ方の年収をあげることができました。

通常、福祉事業所の販売品は手ごろな価格が多いのではないでしょうか?

利益を目的としていないような手ごろな値段は購入側にはよいですが、
働く側の平均月収の低下の一つの要因となっています。

決して安くはないレモンケーキの4,950円という値段ですが、
高価格でも十分に価値提供できています。

利益率を考えた価格設定はビジネスの基礎であり、利益なしではビジネスは成り立ちません。

以上の3つのポイントを抑えることで、福祉事業のような社会問題型ビジネスの問題を解決でき、かつ福祉の可能性を広げたともいえます。

鴨頭さんの「焼肉マフィア」の成功例

スクリーンショット 2022-08-08 195006

最後に実例として鴨頭さんの経営する「焼肉マフィア」を例にとります。

①コラボする
堀江貴文の最高級和牛を取引するという人脈とジンギスカン鍋の専門性を提供してもらう

②自分の強みを生かせた
日本にチップモデル店舗を作るという目的をもった「ステージパフォーマー」のコミュニケーションを生かすことができている

③高単価にした
コース1~2万円を提供することで「パフォーマー」の年収が、平均の飲食サービス提供者よりも140万高い年収になっている

このようなビジネス展開こそ、健全な働き方であり、広がってほしいと望んでいます。

参考メディア↓

鴨頭嘉人の朝礼『ビジネスをする上で大切な3つのポイント』

コメント

タイトルとURLをコピーしました